今の仕事、続けてこの先大丈夫!?失敗しない転職選びとは?

   


人生の節目の一つとも言える転職ですが、思いきるには時間がかかる事も…。

時間が過ぎれば過ぎるほど、歳をとって転職には不利となっていきがちです。「だけど転職が成功するとは限らない…」そんな不安を抱える人も多いはず。そこで、転職で失敗しない大事なポイントをご紹介します。
抑えるべきは、3つ!

転職のメリットとデメリットを見分けよう。

転職をする際、何を一番重要視しますか?給料?やりがい?仕事内容?そのどれも大事ですが、人それぞれ重点を置くべき点は変わってきます。まずは今の仕事を続けることで得られるメリットとデメリット、転職する際のメリットとデメリットを明確にしましょう。そうすることで、おのずとあなたに見合った転職先も絞り込まれていきます。

例えば、今の職場が「給料がいい」「福利厚生が充実」がメリット、「人間関係が悪い」「通勤に時間がかかる」がデメリットとします。そうするとメリットは残しつつデメリットを払拭できるだけの転職先を見つけたい…と誰でも思うものです。

しかし現実は、転職でデメリットは補えたとしても、「給料が下がってしまう」「福利厚生があまり充実していない」などアンバランスになりがちです。どこかで折り合いをつけ、何が一番あなたの転職にとって必要な事項なのかをよく確認することが大切なのです。

5年後、10年後…今より先の人生設計を明確に。

今の仕事を続けたとして、5年後の自分は「ああ、転職しなくて正解だった」と笑っているでしょうか?今はそこそこのお給料をもらっていたとしても、5年後にはどれだけ昇給しているでしょうか?結婚もして子供もいるかもしれない…今の時点から計算したお給料で、家族をどれだけ養えているでしょうか?また、通勤時間は?かかりすぎて、早朝出勤深夜帰宅…家族とのコミュニケーションが取れない、なんて未来は?住んでる場所は?親はどうなっているか?

転職して一時的に給料が下がる、というのはよくある話です。1からやり直すわけですから当然ともいえます。しかし、お給料の額は5年後までずっと変わらないでしょうか?最初は苦しくても、5年後の転職した自分は転職をしなかった自分より稼いでいるかもしれません。会社も5年後にはどうなっているかわからない…大きくなっているか、縮小しているか。それにともなって福利厚生、人間関係も大分変化していくでしょう。

目先だけの条件の良さに囚われては、今後の見通しがつきにくくなります。転職は今の自分の為、だけに行うものではありません。5年後、10年後の自分のために行うものです。若いときは見えづらかった未来も、今なら想像することもできるのではないでしょうか。

「どうして転職が必要なのか?」もう一度よく思いだそう

あなたが今やっている仕事は、やりがいのある仕事ですか?それともお給料がいいからやっている仕事ですか?

仕事をするには、どちらも大事な要素です。仕事とは、特に男性にとっては一生モノです。好きでなくては、稼げなくてはやっていけません。


引用:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0902/19/news058.html

上の表を見てみても、転職理由はやはり「やりがいのある仕事を求めたい」「年収をアップさせたい」が上位に入っています。好きだけど給料が低い、稼げるけれど好きではない…大体が大きくこのように二分されがちです。
好きでお給料も良ければ言うことはないですが、それでも仕事をしていれば不満は多かれ少なかれ出てくるものです。

そこでもう一度「転職」という言葉が頭に浮かんだ原因を思い出してみましょう。そうすることで転職先はおのずと見えてきます。また、上でも挙げた、5年後10年後を踏まえて業界多種にするのか、まったく異業種の仕事にするのか…自分の転職理由に合った仕事先を絞っていくようにします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?転職は頭の中にぼんやりとあったとしても、行動に移さなくては意味がありません。しかし一大決心が必要なのも事実…。そうした時はやはり、「自分がどうしたいのか」「どういう未来が欲しいのか」をよく考える必要があります。

勿論、今の職場に何の不満もないのであれば無理に転職をする必要はありません。だけど何かに耐えながら毎日同じ事を続けるなら、思いきることも大事です。行動に移さなくては、何も変わりません。転職で失敗をしたという話はよく聞くかもしれませんが、上記3つの事を頭に入れて、ベストな選択を行うようにしてください。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加