転職は目的を持って行いましょう

      2016/03/08

目的がなければ転職するべからず

 転職するからには、そこには必ず目的がなければいけません。「こうなりたいから転職する」、「これをしたいから転職をする」という確固たる目的を、まずは持つことに専念してみましょう。

 目的は自己分析によってもたらされるもの。自分の気持ちと向き合い、また、自分のキャリアともしっかりと向き合っていかなければ見出すことはできません。

 それができるだけ具体的であることも心がけましょう。具体的な目的でなければ、転職活動が上手くいかなかった時などにフラフラとしてしまい、結局何のために転職を目指していたのかがわからなくなってしまうのです。

現状から逃げるための転職はNG

 転職する目的を定める時、それが、現状から逃げ出すためのものであってはいけません。今の会社をとにかく辞めたいから転職する」、「しんどくない職種に就きたいから転職する」などと現状を完全否定し、だから転職するという目的では、きっと良い転職先と巡り会うことはできないでしょう。

 もしこうした負の感情が動機で転職しようと思ったのであれば、必ずそれを目的化してください。
 今の会社のどこが嫌なのか、仕事なのか人間関係なのか待遇なのか将来性なのかを考え、目的とするのです。

「自分がやりたいのはこんな仕事」、「こんな人間関係を重視する」、「給与は絶対にこれ以上」などと目的化すれば、そこに重点を置いて企業を選別できるので、転職活動自体も的を絞りやすく、結果的に理想の転職ができる、あるいは近づけると思われます。

目的と企業(求人)とを結びつける

 転職の目的がある程度定まり、それが具体的なものとなってきたら、あとは求人情報と結びつけていくだけです。
 目的がないと求人選びもフラフラとしてしまいがち。あっちにもこっちにも目がいき、結局絞り込めず転職活動が延びてしまうだけなので注意してください。

 目的に沿っていない求人があれば、それはすぐに排除していくこと。
 例えば、良好な人間関係を一番の目的とするならば、給与にこだわりを持った求人探しをするのは避けなければなりません。

 言ってみれば、その排除行為が簡単にできるほどに目的が明確化・具体化されていないのであれば、転職活動を始めるのはまだ早いかもしれないのです。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加