好印象を与える履歴書の書き方とは

   

書類選考通過を左右する第一印象

 転職希望者は必ず作成することになるであろう履歴書。この履歴書を採用担当者がチェックをし、あなたのことを知ろうとするわけですが、では、採用担当者は実際にどの部分を見て「よし、面接をしよう」などと判断しているのでしょうか。

 転職を希望しているわけですから、当然キャリアがあります。そのキャリア、つまり、どのような会社で働いてきたのか、どんな実績を残してきたのかなどを履歴書から読み取ろうともするはずです。しかし、それ以前に第一印象が重要だとも言われています。

 第一印象の良くない履歴書は中身も読み込もうとしない、それが採用担当者というものなのです。履歴書を書く時には、第一印象を良くするような心がけを忘れてはいけません。

誤字脱字は絶対にダメ

 履歴書の第一印象を良くするには、誤字脱字をなくすこと。パッと見た時に間違った文字や不自然な書き方がされていれば、その時点で職歴や志望動機などには目を向けてもらえないと思っておきましょう。

 字が美しいかどうかも、第一印象を左右します。自分では正しく書けたと思っていても、字が汚い人の字は、時に間違っているのではないかという印象を与えてしまうことがあるのです。
 逆に、字が美しいと、多少間違っている文字でもそのままスルーしてもらえる可能性も出てくるもの。

 字というものに強い意識を持ちつつ、履歴書を書き上げていかなければなりません。

空欄や余白はイメージダウン

 履歴書に空欄があれば、その時点でアウト。面接には呼んでもらえないでしょうし、面接の時に直接履歴書を渡すような形式であった場合でも、まず採用される可能性はないでしょう。
 それくらい空欄というのはあってはいけないものなのです。

 余白もできるだけ少なくすること。どうしても埋められない部分はしょうがありませんが、例えば、志望動機や自己PRの欄などに余白があれば、これもその時点で選考上から脱落してしまうでしょう。

 好印象を与える履歴書は見た目が大事、このことを忘れずに履歴書作成に取りかかってください。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加