転職サイトとエージェントの違いとは?

      2016/03/08

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェント、この両者の違いはどこにあるのでしょうか。

転職サイトは、一般的には自ら求人情報を検索し、その中から気になったものをピックアップした上で応募することができる作りになっています。転職エージェントは、専任のキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちが、登録者の特徴・特性に合わせた求人を紹介してくれるサービスを提供しています。

つまり、最初から最後まで自分で転職活動を行うためのツールが転職サイトであり、最初から最後まで転職や業界のことを知り尽くしているプロフェッショナルがお世話し転職を実現してくれるツールが転職エージェントということになるのです。

転職の成功率にも違いあり

転職サイトと転職エージェントの違いは、そのサービスの内容だけではありません。転職の成功率にも違いが表れてきます。成功率が高いのは、もちろん転職エージェントの方。

採用してくれるかもわからない、自分と相性がいいかどうかもわからない企業を自分の手や頭のみで探す転職サイトではマッチングに不安があったり、上手にアピールできない可能性が高い。しかし、転職エージェントを利用すれば、相性がいい企業を紹介してくれますからマッチングは完璧。且つ、アピールの方法も伝授してくれるので、これによっても転職率を上げることができるのです。

転職ノウハウも得られる転職エージェント

転職を成功させるためには、ノウハウが欠かせません。

転職サイト内にもコンテンツとして、「転職成功ノウハウ」などといったコラムはよく掲載されていますが、転職エージェントの多くはキャリアコンサルタントなどが直々にノウハウ、例えば面接の仕方や応募書類の書き方などをチェック・アドバイスしてくれるため、本当に自分のためになる転職活動の進め方を知ることが可能。

また、面接に関してのセミナーなどを開催しているエージェントも少なくなく、そうしたところでも転職ノウハウを得られるのが転職エージェントを利用するメリットでもあります。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加