なぜ円満退職する必要があるのか?

      2016/01/06

退職するなら円満退職を目指さなければなりません

 円満退職という言葉を、どこか綺麗事のように感じてはいないでしょうか。転職しようとしている人は、「転職できればいい」と考えがちですが、円満退職をしてから転職しなければ、それは転職に成功したとは言えないのかもしれません。

 もし円満退職とならなければ、退職時のゴタゴタにより精神的に追いつめられる可能性があります。それで転職先で最良のスタートを切ることができるでしょうか。また、退職した企業との関係を壊したばかりに、転職先での仕事に支障を来すことも考えられるでしょう。

 例えば同じ業界で転職した場合には、転職前と転職後の企業が繋がっていたり取引先・提携先となる可能性も否定はできません。円満退職ではなかったことが、そういった部分で悪い影響として出てきてしまうこともあるのです。

 さらに、円満退職を目指さずにいい加減な退職をすることで、辞める時期が当初の予定よりも随分と遅れてしまい転職先への入社が延期される、それによって転職先企業にも迷惑をかけることにもなりかねません。円満退職を目指さないことによって、こうした弊害が起きる可能性はおおいにあるので、転職を確実に成功させたいのであれば良好な関係のまま辞めなければならないのです。

円満退職とするための言動とは

 円満退職を実現するには、何よりもあなたの言動が重要になってきます。

 まず、会社を否定・非難しないこと。辞める時に理由を告げると思いますが、その理由の中に会社を否定・非難するような内容を盛り込まないのが鉄則。また、事前にしっかりと上司に相談することも忘れないでください。退職届を出せば辞めることは可能ですが、それでは到底円満退職にはなりません。前もって相談し、納得してもらった上で退職届を出すという順序を守るようにしましょう。

 引き継ぎや残務処理にも手を抜かないこと。当たり前のことですが、ここでも円満退職となるかどうかが大きく分かれます。辞めるその日まではその会社の一員であることを自覚し、会社に少しでも迷惑がかからないような動き方が求められるのです。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加