ここを聞いておけば企業がわかる!面接時に要確認事項

      2016/01/06

ポスト・プロジェクト・その他役割

 転職活動中は、常に転職後の自分をイメージしておくことが大切。それがしっかりとイメージできる企業と出会えれば、転職する価値も出てくるはずです。

 入社した後に就くことが可能なポスト、参加することが可能なプロジェクト、その他、社内での役割などを面接時に確認しておけば、きっとその企業に入社した後の自分の姿をイメージすることができるでしょう。

 もちろん、思っていたのとは違う反応や答えが返ってくれば、そこへの入社を考え直す材料にもなります。応募書類を提出し、面接で自分を見てもらった上でどう評価してもらえているのか、この点についてもすぐに確認できますから、面接の最後の逆質問の時間になったら、是非、ポスト・プロジェクト・その他役割について訊ねておきましょう。

給与・残業・休日のどれか

 給与を受け取れなければ、働けるわけもありません。給与アップを目的に転職する人もいるはずです。しかし、いくら給与がもらえても残業が多ければ嫌だという人も多いでしょう。同じように、休日出勤の有無や頻度も気になるところだと思います。

 転職する時に受ける面接では、給与・残業・休日のいずれかについて確認してみてはどうでしょうか。どれも気になるとは思いますが、全てについて訊ねるのは危険です。そうした条件だけしか気にならず、会社そのもののや仕事内容などは関係ないのではないか、と思われてしまうからです。

 自分が最も気になる、あるいは譲れない事柄についてのみ確認してみましょう。

やりがいや働き甲斐

 多少仕事がキツくても、そこにやりがいがあれば転職する価値があるはずです。しかし、企業というのは入社してみないと、やりがいや働き甲斐というのは実感できないもの。であれば、せめて面接担当者はその会社に勤めていて、やりがいや働き甲斐についてどう考え感じているのかを確認してみましょう。

 ずっとそこで働いているからこそわかるやりがいや働き甲斐というものがあるはず。それを聞いて、「なるほど」と思えれば、志望度もさらにアップするのではないでしょうか。

 - 転職知識

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加