不退転の決意が必要な、50代の意を決した転職

   


50代の転職は熟慮が必要です。
ご結婚年齢や、お子さんのある無しにもよりますが、家族を養うべき状態を一番考慮しなければならないのはどの世代でも同じとはいえ、50代の転職の場合は、経験が多いという採用する側のメリットもありますが、応募数が極めて少ないというリスクもあります。どんな物事にも一長一短がありますが、慎重な判断と、思い切った行動の両面が求められます。

家庭環境の変化

一般的に50代になると、家族を養うという家の主としての役目がそろそろ終盤戦にさしかかっている世代かと思います。20代30代の頃に結婚し、子供が生まれているご家庭が一般的だとすれば、お子さんたちはそろそろ学業が終わり、場合によっては結婚されているかもしれません。30代40代の働き盛りと言われる世代では、一家の主として、妻子を養い、子どもたちを学校に行かせて卒業させることを主目的に、頑張っているはずですが、この世代を終えた50代は、主としての責務が身軽になって来ているはずなのです。

そこで、転職を考えているとすれば、家庭環境の状態から躊躇する世代では無いはずです。配偶者との老後は考慮しなければなりませんが、子どもたちから手が離れて、漸く自分らしく、生き方を見つめなおす余裕ができている世代だと思います。そうだとしたら、転職は人生の舵を切り直すチャンスになるでしょう。しかし、家庭環境はまだまだ子供の面倒を見る必要があるのであれば、転職は少しリスクがあると言えます。ここが決心の分かれ道になると思います。

積極的に転職したいモチベーション

何事にもモチベーションは大事な事です。転職するという大きく重い決心が必要な行動であるならば、モチベーションは本当に重要な事です。どの世代でも同じですが、今の職場を辞めたい理由と、新たな職場でやりたい事は何なのか?
これが明確でなければなりません。50代であるのなら、極めて明確な動機が必要です。それは、あと10年以内には定年が待ち構えているにもかかわらず、敢えて今の職場を退職したいというには、かなり強いモチベーションが存在しているのだろうと、誰しも思うからに他なりません。

ですから、50代未満の方の転職よりも、採用者の見る目は、貴方のモチベーションは何なのかと言うことに注がれます。逆に言えば、定年間近なのに退職したいのですから、考えるまでも無く、既に貴方は強いモチベーションを持ちあわせているのだと思います。それを、ナチュラルに伝える事ができれば良いのです。

チャンスとリスク

50代まで働いてきた人には相当なスキルが身についています。どんな仕事であったにせよ、その道のプロとしての才覚が備わっています。ですから、その経験力は採用する企業にとってとても魅力的です。一方で、年収も相当なレベルにまで上がっている世代ですから、採用する企業にとってはコスト増が最大のネックです。ですから、リスクがあるのはこの点です。年収が下がる可能性が高いということです。

ヘッドハンティングなら別ですが、望んで現職を辞めて、新天地を探すのであれば、現職の年収を維持できて大成功、下がっても当たり前という覚悟が必要です。問題は、年収なのか、働きがいなのかだと思います。このチャンスとリスクを承知の上で、転職するのが50代の転職には一層求められるところです。

 - 50代転職情報

簡単!ワンタッチ検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加